きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

2018-12-20から1日間の記事一覧

あなたの窮地、心の叫びまとめてみました。

「赤信号。みんなで渡れば怖くない。」って俗語あるよね。 こういう感じのやつ、他にないかなーって考えて見たよ! では、どーぞ!! 1つ目 ハゲ頭。分割植毛、指摘なし 2つ目 着信名。女の名前、誰こいつ? 3つ目 ババアテメー。タコさんウインナー、入…