きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

2018-12-29から1日間の記事一覧

平成最後の大勝負!命をかけます!!

7つ下に高校生の妹がいるんだけど、 「私、大学デビューする!」 「大学行くまでに絶対痩せるんだ!」 って言いながら太っていく。 この症状のことを 「出荷目前!豚のやけ食いシンドローム」 と名付けよう。 明日、鹿児島の実家に帰るから妹に言ってみる! …