きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

2019-01-18から1日間の記事一覧

恐怖の向こう側

恐怖の向こう側があるらしい。 向こう側へ行くためにはスカイダイビングが最も良いとウィル・スミスさんは言います。 ダイビング前日は恐怖で夜中に何度も目が覚めたのだそうです。 ダイビング当日。 上空12km。飛行機のドアが開きます。 開いたドアから一人…