きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

2019-02-22から1日間の記事一覧

彼女の誕生日に駄菓子をプレゼントする男とそれを愚痴る女

目の前に座っている女性から愚痴を聞かされています。 その女性の友達が誕プレに彼氏から駄菓子をプレゼントされたらしい。 駄菓子の詰め合わせ。。。 ジョークなら、彼なかなかセンスあるなと思いましたが、私は口には出しません。 なぜなら目の前に座って…