きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

この世にはあるんです。触れてはいけない話が

想像したくないトップ3

 

 

3位  シャンプーが終わって目を開けると鏡ごし

        に見える黒髪ロングの女性。

 

 

 

2位  授業が始まる前に静かにさせようとあえて

        黙ってる先生。それに気づきだす生徒。少

        しずつ静かになる教室。し〜〜〜ん。。。

 

       『ブリッ!』

         静寂の中の単発音

 

 

 

1位  若かりし時の両親の恋愛。

 

 

いやね。3位と2位は私は違うよって人もいるかもしれない。でも1位はダントツだね。間違いなく。

 

 

この前、大学の友達K君と久しぶりに会ってご飯食べながら喋ってたんどけど

 

K君  「そういや、親って先生だったけ?」

 

僕    「父親が小学生の先生。で、母親が保  

          健室の先生」「なんで?」

 

K君   「誕生日いつだっけ?」

 

僕     「僕の? 」

 

K君   「そう。」

 

僕     「6月21日」

 

K君   「…。」

         「じゃあ、お前ができたの夏休みの保

           健室だなw」

 

僕     「……………。」

 

 

 

 

食べてたカツカレー吐きそうになった。  

                                                                     

 

f:id:kimagurepocket:20181201163954j:image

 

 

追伸

自分のこと一番知ってるのって意外と他人の方かもしれない。