きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

キュンとしちゃう。少年の純心

 

 

 

とあるカフェでの昼下がり。

 

 

隣で若い奥様方3名が盛り上がっております。

 

 

どうやら奥様方にはそれぞれ小学3年生の息子がいるみたいです。

 

 

 

 

 

奥様A「宿題の答え合わせってどうしてる?」

 

 

 

奥様B 「答え合わせはね。なんか、自分で

                 やってるよ」

 

 

 

奥様A 「ええ、うそ~。」

     「先生に答え合わせは親がするよう

                にって言われてるんだけどw」

 

 

 

奥様C 「そうそう、うちもそのパターン」

 

 

 

奥様B 「でもうちの子、答え見ながらして

                 たらか良くないかも」

 

 

 

奥様C「悪いこと覚えてくる年頃だからねー」

 

 

 

奥様A「そうそう、うちの子こないだトイレに

             隠れて自分で採点してたのw」

 

 

 

奥様B&C 「うけるーw」  

 

 

 

奥様A 「宿題みたら1カ所だけ丸ついてたか

                 らどうしたのって聞いたの」

 

 

 

奥様B&C 「うんうん」

 

 

 

奥様A「『答え見ちゃった』だってw 

             でね、残りの問題全部バツついてた     

              w」

    

           「全部丸つけろよって思うよねw」

 

 

 

奥様A,B&C 「可愛すぎる~~~~w」 爆笑

 

 

f:id:kimagurepocket:20181208010222j:image

  

    

 

追伸

 小学3年生は繊細な年頃ですよね。答えを見ちゃいけないと分かっていながらも見てしまった罪悪感。その心が1問だけの丸に導いたのでしょう。少年にはいつまでも純粋な心を忘れずにいてほしいものです。