きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

『男心』を知り尽くした店員さんの巧妙な罠

 

f:id:kimagurepocket:20181223153153j:image

 

 

他人にやって欲しくない事ってあるでしょ?

 

例えばタバコのポイ捨てとか。

 

やめてほしいときは、肯定文にしたら良いらしい。

 

「タバコのポイ捨てしないでください!」

 

改めて

 

「タバコポイ捨てしないでくれてありがとう」

 

みたいな。

 

 

 

 

たまたま友達と入った居酒屋さんに、それはありました。

 

 

 

 

 

肯定文最終進化形態

 

 

 

f:id:kimagurepocket:20181209234420j:image

 

 

 

 

 

もー。これ見たら座らざるを得ないじゃん!

 

いや、、、むしろ座りたいかもしれない!!

 

ぜひ、座らせて頂きます!!!

 

 

 

 

 

追伸

全ての男の根底にある欲望を利用した汚い手法です。

店員さんずるいなー。。。