きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

少し疲れてしまったあなたへ

 

f:id:kimagurepocket:20190117150351j:image

 

 

もしあなたが、一歩も進めないほどボロボロになって、生きることさえも苦しくなったら、立ち止まって休んでもいいんだよ。

 

立ち止まって、後ろを見て、横を見て。

 

寝っ転がって上を見て。

 

雲は何の形に見える?

走り抜けていく風に匂いはある?

落ちてくる木の葉のカサカサした感じ分かる?

耳元を通り過ぎていくアリの足音が聞こえる?

 

 

前ばかり見てると疲れちゃうよ。

 

目を閉じて、肩の力抜いて、呼吸するとき体のどこが動いているか感じながら

 

ゆーっくり100まで数えてみて。ゆーっくり。

 

 

 

数え終わったら、そっと目を開けて。

 

 

 

 

変わってるでしょ?

周りの色が明るくなって。空気がちょっと冷たく感じるよね。

 

 

そしたらゆっくり起き上がってみて。

 

どう?軽くなったでしょ?

 

もう大丈夫。また歩いて行けるね!

 

 

歩くスピードはそれぞれだけど、人に強いも弱いもないし、あなたはそこにいるだけで素敵な人です。

 

ゆるくいこう!

 

 

 

 

最後に

中 孝介さんの『花』載せますねー。

 

大好きな曲です^^

 


中孝介 森山直太朗 - 花

 

 

 

追伸

落ち込むこともあるよ、人間だもん。

落ち込むほど頑張ってる証!!

自分のペースで歩いていきましょう😊