きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

高2の息子に初の彼女ができて、先日家に連れてきた

 

激選!

面白ネトニュ速報

 

高2の息子に初の彼女ができて、先日家に連れてきた。


もうキスはした、と自分から話をしてくれたので、


男親として、避妊をしても妊娠のリスクがあること、

望まない病気のこと、

 

自分の欲求を満たすだけの行為ではないこと、

 

彼女が不安ならすべきではないこと、

 

などなど伝えようかと思っていたが、


妻からは責任の取れない高校生なんだから、そもそも行為自体を絶対しないことを伝えるべき、と意見でした。

 

妻の意見も正論で反対するつもりはないが、正直なところダメと言っても、その時が来たら無理だろうなぁと思っている自分がいる。


いずれ行為はある前提で伝えたいと思ったのだが、ダメと伝えて子供を信用すべきか悩み中。

 

 

〜周囲の反応〜
 

読者Dくん

ダメダメいうのが子のためになるかな
男の先輩としてきちんと性教育?してあげる方が余程親子の信頼が芽生えると思う
興味あるお年頃の二人がそんなムードになった時に「ごめんお父さん(お母さん)にダメって言われてるから」ってなったら次の日から息子のあだ名はチキンチェリーになるぞ

 

 

読者Eくん

いいか絶対ゴムだけはつけろ
話はそれだけだ

くらいでいいと思うけど

 

 

 

 

f:id:kimagurepocket:20190831143046j:image


 
 追伸

私は親から何も教わらなかったなー。

リスクはしっかり教えて、後は時が満ちるままにがしっくりくる気がしますね^ ^

皆さんはどうでしたか??