きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

人生において幸せになりたいという思いは共通の願望である。

 

 

人生において幸せになりたいという思いは共通の願望である。

幸せになりたくない人と聞いて手をあげる人はいないでしょう。

 

 

 

何の為に生きてるのか?

何の為に仕事をしているのか?

 

 

 

断言して、

それは真に幸せになる為である!

 

 

 

振り返って見たときに毎日のお仕事が、日頃の自分の行動が幸せに繋がっているだろうか?

 

 

 

 


幸せの感じ方は人によって異なる。

 

 

 

社会的名誉を得ること。

自由に使えるお金があること。

子供と一緒にいる時間が長いこと。

 

 

 

 


一つの人もいれば、複数あって幸せと感じる人もいる。

 

 

 

 


まずは自分にとっての幸せは何かを深く掘り下げることが必要である。

 


分析した結果から己の幸せの要素を書き出してほしい。

 


いくつか幸せの要素を見つけられたら、幸せの要素を強化する為の具体的な行動を考え紐付ける。

 


あとはその行動が習慣になるように日常生活の中に組み込めば、自分が幸せと感じる状態に近づいていけるはずである。

 

 

 

 

 

 

日々の生活、行動が将来の幸せに繋がっていると感じる程楽しい事はない。

 

 

 

書き記した幸せの計画図を常に見えるところに貼り、習慣から変えていきましょう。

 


あなたの幸せを願っています。