きまぐれポケットのブログ

「二人の囚人が鉄格子から外を見た。一人は地面のぬかるみを見た。もう一人は星を見た。」これはフレデリック・ラングブリッチさんの『不滅の詩』の一節です。退屈な毎日、不快な出来事。もしかしたら見方を少し変えるだけで新しい発見があるかもしれません。このブログは日常の出来事をちがう角度かみたときの変化を書いていこうかなと思ってます。みてね^ ^

ギブ&テイクならぬ

 

ギブ&テイク

 


人との繋がり、人脈を作りたいならギブ&テイクではない。

 


ギブ&ギブに徹さなければならない。

 

 

 

ギブにギブを重ねさらにギブする。

 


それが出来る人の周りには

人が集まる。

情報が集まる。

困った時に自然とヘルプが訪れる。

 

 

 

気づいた時には、あなたは自分が最高の環境の中にいる事になります。

 


ギブを重ねていきましょう。